トップ改造講座
改造講座
80系(関西急電色)
スタート 1 2 3 4 ゴール
●今回はエアブラシを使用します。
クリーム3号を全体に塗布後、さらにマスキング
塗装は、まず窓周りのクリーム3号を全体に塗布、乾燥後マスキングを施してぶどう色3号を吹き付けます。
エアブラシを使用する場合、塗料の原液を薄め液で約2倍に薄めて、全体にまんべんなく吹き付けます。一気に厚塗りせず、薄塗りを重ねていく感じで塗布するのがコツです。
クリーム3号を塗布して乾いたら、窓周りのマスキングをします。最初に、塗料の吹き込みを防ぐために、ボディの内側から窓を塞ぐようにマスキングテープを貼ります。それができたら、外側の窓周りです。幅8mmに切り出したマスキングテープでマスキングします。

先頭部のマスキングです。複雑な造型なので、マスキングも丁寧に行いましょう。
塗分けラインとなる部分は、細く切り出したマスキングテープでマスキングを行い、他のスペースは適当な大きさに切ったマスキングテープでマスキングを行います。これができたら、ぶどう色3号をエアブラシで吹き付けます。
ぶどう色3号を吹いたボディです。乾燥後、マスキングテープを剥がします。剥がしてみて、塗分けラインに吹き込みがあった際には、筆塗りで修正します。問題がなければ、外した窓パーツやシャーシ、動力ユニット等を組み込みます。
前の作業へ ゴールへ