トップジオラマ制作
車両紹介
ジオラマ制作記(番外編)
第3回:ホーム、ストラクチャーの加工 |
第1回:はじめに〜レール塗装1 第2回:複線高架レールの塗装
第3回:ホーム、ストラクチャーの加工 第4回:山の制作
第5回:田んぼ、川、海の表現、他 第6回:仕上げ〜完成まで!
●ホーム(駅)の加工
ホームをパーツごとに分解し加工を始めた状態
そのままでもリアルなデジQトレインのプラットホームですが、少しグレードアップをしてみます。具体的には、プラスチックの質感を消せるように各パーツにツヤ消しの塗装を施します。
まずはプラットホームをパーツに分解し、パーツごとに塗装を行います。
※・・・分解作業中に差込部分などが折れてしまうことがあるかもしれませんが、接着剤で充分組み立てることができます。
塗装が済み、組立前のプラットホーム(対向式ホーム)
全体的に落ち着いた雰囲気に仕上げました。屋根と側壁で色味を変えてあります。

ベンチはアクセントも兼ねて、明るいスカイブルー系に塗装しました。実物も樹脂製のベンチが多いので、多少のツヤがある方が良いでしょう。
前の頁へ 次の頁へ