トップジオラマ制作
ジオラマ制作
ジオラマ制作記
第3回:バラスト撒き、緑化 |
第1回:プランニング 第2回:下地作り
第3回:バラスト撒き、緑化 第4回:田んぼ作り
第5回:いよいよ完成!  
●STEP4:バラストを撒く
今回のジオラマでも臨場感を出すために、Nゲージ用のバラストを撒くことにした。
この作業は部屋が汚れるので、古新聞紙などを敷いてから作業を行うようにしよう。作例では白布を用いた。
バラストを撒く前にレールを木工用ボンドで固定する。
バラスト撒く時は、なるべくレールにかからないように注意しよう。
バラストを固着する前に、接着液が染み込みやすくなるよう、小さじ一杯程度の中性洗剤(食器洗い洗剤など)を100cc程度の水またはぬるま湯に溶かして、霧吹で満遍なく吹く。
バラストが崩れてしまわないように、霧吹をやや上向きにして吹こう。霧雨をジオラマに降らせる感じにするのがコツだ。
前回と同様にバラストの固着には、木工用ボンドを水またはぬるま湯で2倍程度に薄めたものを使う。それを使い捨てコップに入れ、割り箸でよく攪拌した後、接着液をストローですくい※、バラストに染み込ませていく。ただし、滴下する接着液の量が多過ぎるとバラストが崩れるので、少しずつ慎重に作業を進めること。
※・・・ストローを接着液にある程度浸し、吸い口を指で抑えると、接着液がすくえる。理科の実験で使用したメスピペットの要領だ。
作業が終わったら、1日ほど置いて接着液を乾燥させる。
前の頁へ 次の頁へ