トップジオラマ制作
ジオラマ制作
ジオラマ制作記
第2回:飾り付け |
第1回:土台作り 第2回:飾り付け
第3回:飾り付け〜仕上げ  

土台に飾り付け
第1回ではジオラマの概要を説明していなかったので、どのようなものになるのか疑問に思っていた人も多いのではないだろうか?もしあれだけを見てピンと来た人がいたらなかなか鋭いかも!?
実は“クリスマスデジQトレイン”が今回のメインテーマ。ということで、今回は、第1回で用意した台座に、本作でのメインオブジェとなる“ツリー”を固定するところから始めよう。
え?季節はずれじゃないかって・・・まあ、あまり細かいことは気にせずに、今年のクリスマスにでも試して欲しい。

●STEP4:ツリーの設置

まずはツリーを設置します。
ツリーは台座の中心に設置する。メジャーを使って、中心点に印を付けよう。台座は39cm角なので19.5cm付近だ。

ツリーをそのまま突き刺してしまうと、きれいに穴が開かない可能性がある。そこで事前にキリを使って設置用の穴を開けておこう。
ワイヤーでできたツリーを穴に差し込む。このとき、ツリーの根元に発泡スチロール用の接着剤を塗っておこう。このツリーには、もともと自立させるための台座がついているのだが、今回は発泡スチロールの台座によって自立させるので、あらかじめこの台座を引き抜いておく。
ツリーは様々な種類があるが、高さはケースの大きさに見合ったものを選んでおく。そうしないと、ツリーがケースからはみ出ることになってしまうぞ。なお、今回使用しているケースは高さ50cm程度のものを選んでいる。

根元に接着剤を注入し、固定する。接着剤がはみ出ないように気をつけよう。
ここで、ツリーの色についてちょっと触れておこう。クリスマス前にデパートやディスカウントショップ、玩具店などに行くと、店頭には様々な種類のツリーが並んでおり非常に悩んでしまうところだが、作例では銀とよく合う白色を選んでみた。もし地の色を茶色にするならば一般的な緑色のもみの木タイプでも良いだろう。
ワイヤーの枝を線路の「建築限界」にかからないように注意しながら、整えていく。

前の頁へ 次の頁へ