トップジオラマ制作
ジオラマ制作
ジオラマ制作記
第2回:飾り付け |
第1回:土台作り 第2回:飾り付け
第3回:飾り付け〜仕上げ  

●STEP6:台座の飾り付け

ツリーが賑やかになったのに、ツリーの足元=レールの円内がこのままでは物足りない。そこで、球体や円すい、立方体などのオブジェを設置して楽しんでみることにした。ただ、アルミ製などの金属製オブジェはなかなか値が張るので、塗装の必要性はあるが安価である発泡スチロール製のオブジェを使ってみることにした。

発泡スチロール製のオブジェは1つ1つが軽い。このままでは塗装に使用するスプレーを吹きつけると吹き飛んでしまう。そこで、オブジェを固定するための両面テープをダンボール貼りつける。
間隔をあまり詰め過ぎないように注意しながら、両面テープ上に置いていく。
塗り残しが無いように色々な角度から塗料を吹きつけよう。(※使用した塗料は発泡スチロールに吹きつけられるタイプなので、プライマーは使用していない。)
塗料が乾いたら、1cm程度に切った両面テープを貼り付ける。両面テープはあまり大きくならないようにしよう。大きく切ってしまうとオブジェからテープがはみ出して見苦しくなってしまうので注意が必要だ。
 

発泡スチロールの球体や円すいを台座に貼り付けていく。その他にもアクリル製の立方体や円柱も置いてみた。アクリル製オブジェは球体以外は比較的安価で入手可能だ。
アクリル製のオブジェは透明なので、接着剤などを使って固定すると接着面が白くなって汚く見える可能性がある。そこで、特に接着剤などは使用せず、置くだけにした。
オブジェを置き終わったところ。透明のアクリルオブジェに銀色の球体が映りこんで、面白い。


前の頁へ 次の頁へ