トップ車両紹介
車両紹介
165系
 
末期の普通列車がしのばれる編成
直流電化されている勾配線区における急行形電車で、かつては山陽、甲信越、房総などを中心に長距離急行列車として活躍していた。長距離列車の特急への格上げが行われ、その後は普通列車、団体列車などに使用された。屋根上機器類の別塗装表現や「大型ベンチレーター」「はしご」など、細かな点まで再現されているのはうれしい。
「はしご」の表現もさりげなく
屋根上機器の塗装も再現
クーラーとパンタ横のランボードも再現
※商品詳細はデジQトレイン公式サイトをご覧下さい。