トップ車両紹介
車両紹介
新幹線300系
 
くさび型のフォルムを崩すことなく、デジQトレイン化
東京−大阪間を2時間半で結ぶために最高速度270km/hを出す次世代の新幹線として登場した車両だ。車体はもちろん、足回りまで新機軸を投入し、新幹線高速化のトップバッターを担った。今は後輩である500系や700系に「のぞみ」運用をゆずりはしたが、今も日本の大動脈を支えつづけている。
300系の持つ独特のくさび型の前面形状がうまくデジQトレイン風のデフォルメ処理されているので、かわいい製品となっている。かわいいだけでなく、床下機器や屋根上の表現などのリアルさも両立させているのがデジQトレインらしい。
スカートの排障器に注意!
床下機器のリアルな表現が愉しさをかきたてる。
車両間にまたがるパンタカバーがカッコいい
※商品詳細はデジQトレイン公式サイトをご覧下さい。