トップ車両紹介
車両紹介
205系(山手線)
 
端正な編成美が再現されている。
昭和60年に次世代の通勤型電車として登場した。山手線をはじめ、京浜東北線、総武緩行線、埼京線、横浜線、南武線、京阪神緩行線などに次々と投入された。JR通勤電車の代表格として活躍したが、現在は、209系やE231系の投入により活躍の場を仙石線や京葉線、八高線/川越線などに移しはじめている。デジQトレインでは山手線仕様の若緑色車を模型化。山手線での205系の活躍は残りわずかではあるが、デジQトレインではいつまでも活躍している。
201系ゆずりのブラックフェイス。JRマークが良いアクセントだ。
集中式クーラーの存在感、それに押し込み式通風器が千鳥式配置され、205系の印象をよく捉えている。
※商品詳細はデジQトレイン公式サイトをご覧下さい。