トップ車両紹介
車両紹介
485系
「特急電車」といえばこの車両を思い出すことができる。コレクションには欠かせない存在だ。
直流/交流60Hz区間用の481系として昭和39年の登場以来、北は北海道から南は鹿児島まで文字通りの特急電車のスターとして君臨してきた。その後、交流50Hz区間にも乗り入れる事が出来る485系が登場し、全国の電化区間における特急列車として使われた。国鉄の看板列車として長らくの間、製造されたので多岐にわたるバリエーションを誇る。デジQトレインでは先頭車は先ほど引退したボンネット型、中間車は最終型の1000番台を模型化しており、様々な車両で編成を組んでいた485系らしさを再現している。
耐寒型タイフォン、ヒゲ下の空気取入口を再現!国鉄特急の証である「特急エンブレム」「JNRマーク」がまぶしい。
モハ484は1000番台であるので後期形の集中式クーラーだ。交直流車の特徴であるパンタ付近の多彩な機器類も表現。
キノコ形クーラーはもちろん、運転室の引き戸式窓、後部確認用窓、ガーランド式通風器も表現されているのにはうならされる。
※商品詳細はデジQトレイン公式サイトをご覧下さい。