トップ車両紹介
車両紹介
80系
全金属製の車両が美しい80系。吊りかけモーター音の響きが轟きそうだ。
明治以来、中長距離輸送は機関車と客車による「動力集中方式」が当然であった。電車は「モーター音がうるさく、振動も大きいので近距離にしか使えないもの」という考えであった。
しかし、機関車の付け替えがいらず終点での折り返しが容易なので列車増発が簡単であることや、車重が分散され線路への負担が軽減されるうえスピードアップも期待できることなどから、初の長距離電車として東京−沼津間に80系が登場した。まだ連合国軍の占領下にあった1950年のことであった。

<車両の特徴>
  • それまで塗装は茶色一色が当然とされていた。しかし、湘南地区を疾走する電車らしさを演出するため、沿線の名産品である「みかん」と「お茶の葉」をイメージしたと言われる濃緑色とオレンジ色のツートンカラーが採用された。これが、今も関東や東海、京阪神、岡山などで使用され続けている「湘南色」の始祖となったのである。
  • 1次車は前面が3枚窓であったが2次車からは2枚窓のいわゆる「湘南形」となった。このスタイルは80系の3扉車版である70系に引き継がれただけでなく、全国各地の私鉄に派生し、2枚窓の車両が各地に登場した。
  • 長大編成を組むために電動車を中間電動車としたのも80系が最初で、画期的な事柄であった。
  • 車内レイアウトも中長距離使用にふさわしいデッキ付2扉車。
  • 電車が優等列車として使用されたのも80系による準急「東海」が最初である。

  • デジQトレインでは80系の最後期型である300番台を模型化。300番台は軽量客車の技術を用い、不燃性に優れる全金属製(それまでは車内が木製の半鋼製)車両で、準急「東海」「比叡」をはじめとする各地の準急や急行に使用され、80系の最高傑作として活躍した。
    80系の成功により日本は電車大国となり、ひいては新幹線の成功に繋がっていくのである。
    「湘南形」を特徴づける2枚窓による「湘南窓」。今も鉄道趣味界に伝わるコトバの数々は80系から生まれた。
    タイフォンや運行表示窓、手すりを再現。この細かさにはうならされる。
    大型側面窓の美しさにはうっとりさせられる。
    ※商品詳細はデジQトレイン公式サイトをご覧下さい。