トップ車両紹介
車両紹介
キハ183系
北海道の厳しい気象環境を克服するために耐寒耐雪構造を備えた重厚なフォルム。

老朽化した北海道地区のキハ82系を置き換えるために昭和54年に登場した北海道内専用の特急形気動車。北海道内専用にふさわしく徹底した耐寒耐雪対策が採られ、重厚な雰囲気を醸し出している。

キハ183系の歩みはスピードアップの歴史と言っても過言ではなく、国鉄分割民営化後、厳しい競争に打ち勝つため、様々な改造が施されてきた。
試作の900番代のあと、製品化されている0番代が製造され、その後、残存していたキハ82系を置き換えるために前面を貫通型とし、グリーン車をハイデッカー車とした500番代と1500番代が増備された。また、スピードアップを図るために出力増強型の550番代も追加増備され、バリエーションが増えた。さらにスピードアップを図るために550番代は130km/h対応車に改造された(形式は元番号に2000を付加して2550番代に変更)。同様に1500番代の一部も130km/h対応車に、ないしは、120・130km/h両用車に改造されるといった具合である(形式も前者は2000を付加して3500番代、後者は3000を付加して4500番代にそれぞれ変更)。

塗装もバリエーションに富んでおり、「国鉄特急色」はもちろん、国鉄末期からJR初期に見られた白地に朱帯の「白色塗装」、現在も見ることのできるラベンダー色帯の「灰色塗装」、前面青色塗装が印象的な「HET塗装」があり、鉄道ファンを飽きさせない。
キハ281系やキハ283系などの新系列気動車に主役の座は譲ったが、寝台車をはさみ夜行特急列車で活躍するなど、他では見ることのできない運用があり、今後の活躍も楽しみな車両である。

登場当時に流行した直線的なデザイン。
側面ルーパーや屋根上の外気取入装置がものものしい。
大型車販準備室を備えたキロ182。食堂車非連結に対応したため、車販準備室が大型化された。
屋根上の水タンクや列車無線アンテナが表現されている。
※商品詳細はデジQトレイン公式サイトをご覧下さい。