トップ車両紹介
車両紹介
EF5861
優美なスタイルに磨き上げられた塗装が美しい。

日本鉄道車両史の頂点に立つと言っても過言ではない美しい車両の魅力をデジQトレインであますことなく、再現した。

EF58は旅客用直流電気機関車として開発され、特急列車、急行列車を中心に優等列車の牽引機として活躍した。なかでも61号機は60号機と共にお召し列車を主に牽引する機関車として製造され、他のEF58にはない特徴を備えている。

お召し列車との電話回路などの特殊装備を持つほか、製造にあたっては細心の注意が払われた。
また、他のEF58と異なる最大の外見的特徴が側面のステンレス帯である。この帯がいっそうの優美さを醸し出している。

ブルー塗装化、正面窓の小型化Hゴム化、側面ヨロイ窓の交換、前照灯のシールドビーム化など、他のEF58が受けてきた改造を行われなかった点も人気を高めている。

銀色のパンタグラフに輝く栗色の車体は神々しい。
銀色の握り棒、連結器はお召し列車牽引機の証。
磨き上げられた車輪や床下機器にステンレス帯が映える。
※この商品は第10回鉄道フェスティバルで会場限定販売されたもので、現在、販売はしておりません。