トップ車両紹介
車両紹介
205系京阪神緩行線
車両紹介 
〜ディスプレイコレクション〜
2003年9月に発売したディスプレイコレクションより全10車種をご紹介。
205系京阪神緩行線 205系横浜線 205系南武線 205系埼京線 205系中央総武緩行線
205系武蔵野線 205系仙石線 205系仙石線(2WS) 205系山手線 205系京葉線
関西では珍しい国鉄末期の車両だ。

軽量ステンレス車体や界磁添加励磁制御方式など様々な新機軸を投入して登場し、首都圏を中心に関西、仙台で活躍している205系。そういった様々な線区塗装の205系をラインナップしたのがディスプレイコレクションである。第一弾として京阪神緩行線用車両を紹介しよう。

国鉄末期の昭和61年に東海道・山陽本線の京阪神緩行線用に導入され、関西地区では珍しい205系基本番代だ。一時期は側面方向幕がLED化改造された編成もあった。201系と共に全編成が京阪神緩行線で活躍中だが、207系または新型車両が京阪神緩行線に導入される可能性もあり、予断を許さない。ライトブルー帯の205系が京阪神を疾走する姿を見ることができるのは、今のうちかもしれない 。

JR西日本流の前面黒スカートを再現。
食玩らしからぬクオリティで205系のイメージが表現されている。
側面方向幕や側面リブ、屋根上機器も美しく表現。
※ディスプレイコレクションは生産及び出荷を終了しております。ご了承ください。
※この商品はデジQトレインの規格に準拠しています。
※この商品は動力(モーター)が付いていないため自走しません。 なお走行させるには、別売りの「ディスプレイコレクション専用動力車」が必要です。