トップ車両紹介
車両紹介
205系横浜線
車両紹介 
〜ディスプレイコレクション〜
2003年9月に発売したディスプレイコレクションより全10車種をご紹介。
205系京阪神緩行線 205系横浜線 205系南武線 205系埼京線 205系中央総武緩行線
205系武蔵野線 205系仙石線 205系仙石線(2WS) 205系山手線 205系京葉線
205系初の2色帯塗装車。横浜線が2色帯の第一弾だ。

昭和63年に横浜線に新製投入された205系。国鉄時代は山手線、中央線、京浜東北線などの都心部に乗り入れる線区に新車が投入され、その“お古”がそれ以外の首都圏線区に回される、いわゆる「玉突き」が行われていた。しかし横浜線への205系投入からは、新車が直接各線区に投入されることとなり、その第一弾として横浜線に投入された205系は今も活躍し続けている。

前照灯や尾灯もきれいに塗り分けられている。
帯の塗分けも細かく、若草色と深緑色が銀色の車体に映える。
クーラーの銀色塗装が「205系らしさ」を醸し出す。
※ディスプレイコレクションは生産及び出荷を終了しております。ご了承ください。
※この商品はデジQトレインの規格に準拠しています。
※この商品は動力(モーター)が付いていないため自走しません。 なお走行させるには、別売りの「ディスプレイコレクション専用動力車」が必要です。