トップ車両紹介
車両紹介
205系南武線
車両紹介 
〜ディスプレイコレクション〜
2003年9月に発売したディスプレイコレクションより全10車種をご紹介。
205系京阪神緩行線 205系横浜線 205系南武線 205系埼京線 205系中央総武緩行線
205系武蔵野線 205系仙石線 205系仙石線(2WS) 205系山手線 205系京葉線
帯色は沿線住民のアンケートから採られた。

かつては旧形国電や101系、103系が永らく活躍していた南武線だったが、国鉄分割民営化により新しい方針が打ち出され、平成元年に横浜線に続いて205系が新製投入されることとなった。

帯の色は黄色、朱色、茶色からなる南武線独自のものとなり、南武線のイメージが大きく変わることとなった。その後、209系も南武線に投入されたが103系を追い出すまでには至らず、103系、205系、209系と3世代の通勤電車が仲良く活躍していた。

しかし、山手線へのE231系500番代投入に伴って205系が南武線にも転属し、103系が駆逐されることとなった。これにより南武線の205系及び209系化がなされた。

南武線では、205系はヌシ的存在といえよう。
南武線での活躍も、今年ではや16年が経とうとしている。
都心の電車というイメージが強いが、郊外電車としての役割も持つ205系。
※ディスプレイコレクションは生産及び出荷を終了しております。ご了承ください。
※この商品はデジQトレインの規格に準拠しています。
※この商品は動力(モーター)が付いていないため自走しません。 なお走行させるには、別売りの「ディスプレイコレクション専用動力車」が必要です。