トップ車両紹介
車両紹介
205系埼京線
車両紹介 
〜ディスプレイコレクション〜
2003年9月に発売したディスプレイコレクションより全10車種をご紹介。
205系京阪神緩行線 205系横浜線 205系南武線 205系埼京線 205系中央総武緩行線
205系武蔵野線 205系仙石線 205系仙石線(2WS) 205系山手線 205系京葉線
埼京線のラインカラーはきれいな緑色(緑15号)だ。

埼京線は、東北(上越)新幹線が建設される際に、通過となってしまう地元への利益還元を目的として建設された路線である。そのため、赤羽〜大宮間のかなりの部分を東北新幹線と並行して走っている。開業も新幹線と同じ昭和60年だが、埼京線の方が半年ほど遅い。

埼京線は205系の運用との関わりが深い路線で、当初、導入された103系は山手線の205系化にともなって余剰になった103系が回されてきたものであった。埼京線には暫くの間、103系独特の爆音が鳴り響いていたが、その後、205系が新製投入されるようになった。また、205系初の転属車となる車両が山手線から加わり、平成2年には完全205系化がなされた。

平成8年には恵比寿延伸にともなって京浜東北線の205系も転属してきている。
なお最近の話題として、E231系500番代投入に伴って余剰となった山手線の205系が6扉車も含めて転属し、10連中2両が6扉車となっている。

高速性能に優れた205系は埼京線との相性も良い。
前面窓上に埼京線ステッカーを貼りたくなる。
高架線に緑帯の205系はよく似合う。
※ディスプレイコレクションは生産及び出荷を終了しております。ご了承ください。
※この商品はデジQトレインの規格に準拠しています。
※この商品は動力(モーター)が付いていないため自走しません。 なお走行させるには、別売りの「ディスプレイコレクション専用動力車」が必要です。