トップ車両紹介
車両紹介
205系中央総武緩行線
車両紹介 
〜ディスプレイコレクション〜
2003年9月に発売したディスプレイコレクションより全10車種をご紹介。
205系京阪神緩行線 205系横浜線 205系南武線 205系埼京線 205系中央総武緩行線
205系武蔵野線 205系仙石線 205系仙石線(2WS) 205系山手線 205系京葉線
今はなき中央総武緩行線の205系

今はE231系と209系500番代が活躍する中央総武緩行線だが、かつては205系も少数派ながら活躍していた。中央総武緩行線への205系投入は、あらかじめ計画されていたものではなかった。103系・201系化が完了した直後のこと、東中野駅にて列車衝突事故が発生し、車両が大破、車両不足が生じることになった。その場は103系の保留車などをかき集めてしのいだが、役不足は否めず、翌年の夏、埼京線に投入予定用であった205系2編成が急遽、投入された。

この205系の投入の影響が思わぬところに飛び火する。もともと中央総武緩行線では、営団地下鉄東西線乗り入れ用の301系と103系1200/1000番代が、灰色に黄帯という塗装で活躍していた。ところが、塗装イメージの似ている205系が投入されることで中野〜三鷹間や西船橋〜津田沼間など、205系と301系・103系が共通して走る区間で誤乗が懸念されたのである。そこで、301系と103系は黄帯から東西線のラインカラーである青帯に変更されることとなった。

その後、オリジナルの2編成の内、1編成は他路線に転出してしまったが、新たに京浜東北線や南武線から転属車を3編成迎え、103系、201系に混じって中央総武緩行線で活躍を続けていた。しかしながら、1996年に残っていたオリジナルの1編成が当初投入予定であった埼京線に転属。残る転属車も209系500番代とE231系に追われる形で、2001年までに南武線、武蔵野線、京葉線に転属し、中央総武緩行線における205系の歴史は幕を閉じた。

今は見られない黄帯は前面のブッラクフェイスとよく似合っていた。
かつては「行き先」の他に「各駅停車」なる種別表示も前面に施していた。
黄帯の205系登場により、東西線乗入れ車は青帯へと変更になった。
※ディスプレイコレクションは生産及び出荷を終了しております。ご了承ください。
※この商品はデジQトレインの規格に準拠しています。
※この商品は動力(モーター)が付いていないため自走しません。 なお走行させるには、別売りの「ディスプレイコレクション専用動力車」が必要です。