トップ車両紹介
車両紹介
205系武蔵野線
車両紹介 
〜ディスプレイコレクション〜
2003年9月に発売したディスプレイコレクションより全10車種をご紹介。
205系京阪神緩行線 205系横浜線 205系南武線 205系埼京線 205系中央総武緩行線
205系武蔵野線 205系仙石線 205系仙石線(2WS) 205系山手線 205系京葉線
側面帯は武蔵野線オリジナルの3色帯

1960年代、逼迫する都心の旅客輸送を改善し、同時に貨物輸送を確保する必要が生じた。そこで貨物列車を都心(とくに山手貨物線)に乗り入れさせずにバイパスさせる目的で、東京をぐるりと大回りする武蔵野線が建設された。しかしながら、1973年の開業前後には既に鉄道貨物が衰退し始めており、また武蔵野線沿線のベッドタウン化も進行、結果、貨物輸送のバイパス線といった性格に加え、通勤路線としての役割も大きくなった。

運行車両についても隔世の感がある。かつては101系6連が細々と活躍していたが、今では103系と205系の8連が活躍する一大通勤路線となった。
武蔵野線への205系の投入は1991年に行われた。先に京葉線で投入されていた車両と同様の前面デザインを採用している。そして、この武蔵野線への投入は、205系が編成単位で新製投入される最後となった。

その後、2002年には中央総武緩行線からの転属車が、また翌年以降は山手線からの転属車が配備され、武蔵野線での205系活躍の場はますます広がることとなった。
なお、他線区からの転属車両はVVVF化改造が施され、205系5000番代に改番されている。
ディスプレイコレクションではオリジナルの武蔵野線仕様205系0番代をプロトタイプとしている。

京葉線に新製投入された車両と同様の前面デザイン。
前面の塗装は、京葉線は白色だが武蔵野線は銀色。
武蔵野線では、山手線から転属する205系により103系の駆逐が進められる模様。
※ディスプレイコレクションは生産及び出荷を終了しております。ご了承ください。
※この商品はデジQトレインの規格に準拠しています。
※この商品は動力(モーター)が付いていないため自走しません。 なお走行させるには、別売りの「ディスプレイコレクション専用動力車」が必要です。