トップ車両紹介
車両紹介
205系仙石線
車両紹介 
〜ディスプレイコレクション〜
2003年9月に発売したディスプレイコレクションより全10車種をご紹介。
205系京阪神緩行線 205系横浜線 205系南武線 205系埼京線 205系中央総武緩行線
205系武蔵野線 205系仙石線 205系仙石線(2WS) 205系山手線 205系京葉線
205系の活躍線区に加わった仙石線

仙石線は、交流での電化が進められた東北の国鉄(JR)線にあって直流電化の飛び地となっている。これは、仙石線がもとは宮城電鉄という私鉄線で、大戦中に国鉄に吸収されたという経緯があるからである。直流区間の地方路線によくあることだが、仙石線もご多分に漏れず、首都圏の国電から回されてくるモハ72系、103系などの車両が運行されてきている。近年も京浜東北線の103系高運転台車が転属してきたのは、記憶に新しいところだ。

そして平成14年、首都圏で進められているE231系増備に伴い捻出される205系を仙石線に転属させ、老朽化の進んでいる103系からの置き換えが行われ始めた。転属してきた205系は、元々山手線や埼京線で活躍していた車両で、先頭車(クハ204-3100とクハ205-3100)は中間車を先頭車化改造した車両である。すっきりとした前面デザインとなり、帯色は紺とスカイブルーという爽やかな色となった。

耐寒耐雪仕様に改造が施されており、例えば、冬季の車内保温のため各側扉横には「扉開きボタン」が設置されている。また205系では初めてトイレ(車椅子対応式)を設置するなどローカル色豊かな車両となっている。このように既存の205系とは仕様がかなり異なることから番代区分は3100番代とされた。仙石線より以北にはJR線の直流電化区間は存在しないので、将来的にも「北限の205系」となるだろう。

スマートな先頭車化改造車。
ドア横に扉開きボタンがある!
前面窓の表面は若干丸みを帯びている。
※ディスプレイコレクションは生産及び出荷を終了しております。ご了承ください。
※この商品はデジQトレインの規格に準拠しています。
※この商品は動力(モーター)が付いていないため自走しません。 なお走行させるには、別売りの「ディスプレイコレクション専用動力車」が必要です。