トップ車両紹介
車両紹介
205系仙石線2WAYシート仕様
車両紹介 
〜ディスプレイコレクション〜
2003年9月に発売したディスプレイコレクションより全10車種をご紹介。
205系京阪神緩行線 205系横浜線 205系南武線 205系埼京線 205系中央総武緩行線
205系武蔵野線 205系仙石線 205系仙石線(2WS) 205系山手線 205系京葉線
色とりどりの編成は従来の205系にない趣き

ラッシュ時と非ラッシュ時に求められる車両ニーズはおのずと異なってくる。ラッシュ時はとにかく「運ぶ量」が勝負なので、多少、居住性を犠牲にしても乗客がより多く乗り込めることが重要となる。反対に、非ラッシュ時はゆったりとした乗り心地が求められる。この相反する要望に応えることは、なかなか難しい。

その難問を解決する画期的な車両が、平成14年に仙石線に投入された2WAYシート車だ。石巻方のクハ205-3100の一両だけだがラッシュ時にはロングシート、非ラッシュ時にはクロスシートになるという優れもの。仙台都市圏の通勤路線と松島などへの観光路線の2つの顔を持つ仙石線らしい車両だ。

この編成は1両ごとに異なる塗装が施されているのも大きな特徴で、それぞれに愛称も付けられている。緑系統に塗られたクハ204-3100の愛称は「仙台」で、仙台市の木であるケヤキ、あるいは杜の都をイメージしている。次に、紫系統のモハ204-3100の愛称は「塩竃」、塩竃港に水揚げされるマグロなどの魚をイメージしている。そして、橙系統のモハ205-3100の愛称は「松島」、松島の朝日と夕日、加えて扇谷の紅葉もイメージしている。最後に、赤系統のクハ205-3100は「石巻」といい、石巻市の花のツツジをイメージしている。こうした従来にない取り組みは楽しい。
なお、この編成にも扉開きボタンと車椅子対応式トイレが装備されている。

2WAYシート編成車もすっきりとした前面デザイン。
この車両が2WAYシート車だ。トイレ設置のため、窓が埋められている。
扉開きボタンが楽しいアクセント。
一両ずつ異なる帯色という発想が面白い。
※ディスプレイコレクションは生産及び出荷を終了しております。ご了承ください。
※この商品はデジQトレインの規格に準拠しています。
※この商品は動力(モーター)が付いていないため自走しません。 なお走行させるには、別売りの「ディスプレイコレクション専用動力車」が必要です。