トップ車両紹介
車両紹介
新幹線300系
300系の登場により、新幹線は新時代を迎えた。

ちょうど国鉄民営化が実施された頃は、航空機が「高嶺の花」から、日常的なビジネスの手段へと加速度的に変化が進んでいる時代であった。当然、新幹線と航空の競争は激しさを増していた。この競争に打ち勝つために開発されたのが300系である。デビュー時の「のぞみ」という愛称の新鮮さ、東海道新幹線としては初の名古屋を通過するダイヤ設定などが話題を呼んだが、やはりこの車両で特筆すべきは、最高速度270km/hによる営業運転を実現し、東京〜大阪間の所要時間を2時間半に短縮させたことである。それまで走っていた0系や100系の東海道新幹線区間での最高速度が220km/hであったから、一挙に50km/hも速度が向上したことになる。

この速度を実現するために、300系には数々の新たな技術などが盛り込まれている。今までの0系、100系とは異なり、アルミ車体を本格的に採用、また台車は新幹線初のボルスタレス台車で軽量化が図られている。さらに新幹線初のVVVFインバータ制御車である上、電力回生ブレーキも装備(ただし、付随車についてはモーターが付いていないので渦電流式ブレーキ)。また空調機器類は低重心化のために床下に搭載された。0系、100系とはかなり異なる印象の先頭形状も空気抵抗を低減しつつ、騒音を抑えるために工夫された形状だ。

100系は登場時「ニュー新幹線」などと呼ばれたがあくまで0系のマイナーチェンジであった。しかしながら300系は「のぞみ」運転のためのフルモデルチェンジ車なのである。
ただこの車両は、国鉄時代に停滞していた車両技術の開発を民営化後に急激に回転させて生まれた車両であるため、登場当時は初期不良に悩まされるということもあった。とはいえ、それを差し引いたとしても、300系が新時代を築いた事実に変わりはない。

バリエーションは少なく、JR東海に所属する0番代のJ編成、JR西日本に所属する3000番台のF編成しかない。また、両者の違いは室内の配色程度で、外観上の違いは極めて少ない。
500系や700系の増備で「のぞみ」運用につくことはほとんどなくなったが、「ひかり」や「こだま」として活躍を続けている。とくに東海道新幹線では全列車最高時速270km化を実現するための欠かせない存在である。

複雑な先頭形状を再現。
パンタカバーが隣の車両にかかっている。
屋根の中央に通るのは高圧母線の引き通し。
※商品詳細はデジQトレイン公式サイトをご覧下さい。
※この商品は動力(モーター)が付いていないため自走しません。 なお走行させるには、別売りの「トレインコレクション専用動力ユニット」が必要です。