トップ車両紹介
車両紹介
新幹線500系
すべては最高速度300km/hのために開発されたスプリンター500系。

500系の特徴は何といっても先頭車両の車長の半分以上を占めるという15mもある長細い形状(ロングノーズ)だ。これは、営業運転での最高速度300km/hという高速を出しつつも、いかに環境に適合した、すなわち静かに走る車両とするかを追究した結果から生まれたものである。従来の新幹線にはない近未来的なイメージをも想起させるその流線形のフォルムは、この車両の人気が高い一因となっている。

300km/hを実現するために採用された方策は先頭形状だけではない。車体を楕円形にして車体断面積を極力小さくし、パンタは500系のために開発されたT字形のものを使用するなど高速性と騒音抑制の両立を徹底的に考慮したものとなっている。また、車両間ダンパによって、高速運転時の振動を抑える工夫もなされている。このように、日本の新幹線の高速性を左右するのは単なるパワーというよりも騒音や振動といった公害を発生させない技術にかかっているといえる。とくに山陽新幹線では東海道新幹線に比べてその重要度が増す。すなわち、山陽新幹線は線形は良いが、その分トンネルが多くなっている、そのためいわゆる「トンネルドン」現象が起きやすく、高速化を目指すJR西日本にとってはその解決が至上命題となっているのである。

話を車両に戻そう。500系の塗装にはJR西日本オリジナルの塗装が採用され、JR西日本のこの車両にかけた期待を表している。ただ、全電動車であることや特殊技術を多く盛り込んでいることが原因で、後発の700系に比べて製造費が高いのがたまにキズ。いきおい全編成に締める割合は少ない。現在は、JR東海とJR西日本が共同で次期新型車両であるN700系を開発しているため、500系の増備は今後もないものと考えられる。その希少性から、出張で駅に行ってみたら500系だったときは、ちょっとだけ幸せな気分になれる人も多いとか・・・

まるで戦闘機のようなカッコいい運転台だ。
実車のパンタグラフは、未使用時には根元から倒れ格納される仕組みになっている。
アンテナ類の突起もなくし、空気抵抗を考慮した形状。設計思想が徹底されている。
※商品詳細はデジQトレイン公式サイトをご覧下さい。
※この商品は動力(モーター)が付いていないため自走しません。 なお走行させるには、別売りの「トレインコレクション専用動力ユニット」が必要です。