トップ車両紹介
車両紹介
新幹線700系
700系登場により、のぞみが増発された。

500系は航空機との競争を意識して、最高速度300km/hでの営業運転を行うことを第一に考えた特殊な機構を備えており、その分、車両の製造コストが高かったり、所々居住性が犠牲になっている部分も見受けられた。その意味で500系は山陽新幹線に特化した車両であるといえ、東海道新幹線の主力には成りえない存在である。700系はそういった点を克服し、経済性と高速性能を両立する「真打」として登場した。

JR東海とJR西日本による初の共同開発車両である700系。その車体はアルミダブルスキン構体となり、300系、500系よりもさらに軽量化とコスト低減が図られた。また、パンタグラフについても500系のT字型ではなく、シングルアーム式が採用され、ここでもコスト低減が図られている。
300系では室内の天井スペースが確保できず、間接照明となっていたが、700系からは天地方向のスペースが確保でき、直接照明となっている。
最高速度は、経済性を優先させたため、285km/hと500系よりも若干遅くなっているが、コストパフォーマンスの面から見れば非常に優秀な車両である。

JR東海に所属する0番代のC編成、JR西日本に所属する3000番代のB編成、そして同じく西日本所属のレールスター用7000番代のバリエーションがある。東海所属編成は、行先表示と指定席自由席表示が幕式、西日本所属編成はLED式となっている。300系よりも両社の個性が出ていて面白い。外見上はほとんど目立たないが、台車にも違いがあり、東海編成はウイングばね式軸箱支持、西日本編成が500系と同じ、軸はり式軸箱支持となっている。

今では、東海道・山陽新幹線の主力としての地位を固め、日々日本の大動脈を支えて続けている車両である。なお、後継となるN700系が現在開発中であり、3〜4年以内に登場予定である。

空気抵抗を軽減し、騒音を抑えたカプス形の先頭車。
パンタカバーのグレー色は東海所属のC編成の証。
700系であることを誇示するかのごとく輝く側面エンブレム。
※商品詳細はデジQトレイン公式サイトをご覧下さい。
※この商品は動力(モーター)が付いていないため自走しません。 なお走行させるには、別売りの「トレインコレクション専用動力ユニット」が必要です。