トップ車両紹介
車両紹介
205系京葉線
車両紹介 
〜ディスプレイコレクション〜
2003年9月に発売したディスプレイコレクションより全10車種をご紹介。
205系京阪神緩行線 205系横浜線 205系南武線 205系埼京線 205系中央総武緩行線
205系武蔵野線 205系仙石線 205系仙石線(2WS) 205系山手線 205系京葉線
JR化後に開業した路線にふさわしい新デザインの205系が投入された。

もともと京葉線は、武蔵野線と同様に貨物線として計画、建設された路線であったが、昭和40年代から50年代にかけて国鉄の貨物輸送量が大幅に落ち込み、計画は中断されていた。しかし、沿線の人口が増え、旅客転用を望む声が出たことにより、通勤路線として復活することとなった。昭和61年に西船橋〜千葉みなと間が開業。その後延伸を繰り返し、現在の東京〜蘇我間が開業したのは平成2年のことであった。京葉線の東京駅も“転用”された変り種で、需要が見込めないことから建設が中止された成田新幹線用として建設されていたホームが使われている。そのため、他路線の東京駅からはかなり離れた所に位置しており、実のところ有楽町駅の方が近い…。

JR化後に本格開業した通勤新線らしく、導入された205系はオリジナル塗装にオリジナル前面となって、数ある205系の中で現在も人気が高い車両の一つである。ただし、E231系の投入により発生した山手線、中央総武緩行線からの転属車両は、帯色の変更だけで、全面デザインの変更は実施されていない。
205系は投入された当初、京葉快速(平日運行)、快速マリンドリーム(休日運行、平成14年末のダイヤ改正で京葉快速に呼称統合)に充てられていた。しかし、205系は編成本数が少なく、103系に比べて走行距離がぐんぐん伸びてしまうという事態に陥ったため、103系も快速に充てられることとなった。なお、京葉線の103系が青いのは、京浜東北線から転用されてきた103系がそのままの塗装で使われたことに由来している。

その後、中央総武緩行線に209系やE231系が投入されたことで、余剰となった201系などが京葉線に回ってきたが、全て青色に塗り替えられている。そういった中で、京葉線の205系のピンク帯はかなり目立つ存在である。近年、京葉線沿線地区は大きく発展を遂げており、“転用”組とは考えられないような重要路線へと変貌を遂げている。205系はその中核を担う車両である。

京葉線の205系の先頭形状は今もなお人気の高いデザインだ。
端正な中間車の表情を再現している。
205系の血脈は後輩の209系やE231系に引き継がれている。
※ディスプレイコレクションは生産及び出荷を終了しております。ご了承ください。
※商品詳細はデジQトレイン公式サイトをご覧下さい。
※この商品は動力(モーター)が付いていないため自走しません。 なお走行させるには、別売りの「ディスプレイコレクション専用動力車」が必要です。