トップ車両紹介
車両紹介
クロ151(181)パーラーカー
※この車両は改造講座で制作したモデルです。商品化はされていませんので、ご注意ください。
国鉄史上最も華麗で豪華な編成の一つである151(181)系パーラーカー。

戦後の国鉄史上、超豪華な列車といえば?と問われた場合、あなたなら何と回答するだろうか。いろいろな答えが返ってくると思われるが、忘れてならないのが「つばめ」と「はと」であろう。
「つばめ」「はと」は、特別二等車※1が編成の半分を占めるうえ、食堂車、さらには一等展望車をも連結した超豪華な客車列車であった。必然的に利用者も限られてくるため、1日わずか各1往復のみの運行であった。まさしく、当時の日本を代表する列車であったといえる。

昭和33年に(登場時は20系と呼称されていた)151系電車による「こだま」の運転を開始。客車が速度面で電車に太刀打ちできないのは止むを得ないとしても、「こだま」は快適な冷房車であるのに対し、「つばめ」と「はと」は調度面は豪華でも非冷房であり、環境の格差は見過ごせないものとなってしまった。

そこで、時流に乗り遅れた「つばめ」「はと」を151系電車に切り替えることにより一気に近代化が図られた。ところが、「こだま」に使用されていた151系には「つばめ」「はと」のウリである展望車がなかったため、昭和35年に実施された電車化に合わせて、展望車に代わるクロ151パーラーカーが製造・投入されることとなった。クロ151には4人用個室が1室と、1−1シートによる開放室が14人分設けられた。

開放室のシートにはラジオのイヤホンジャック、給仕呼び出しボタン(すなわち、給仕も乗車していたということ)、さらに電話ジャックが備えられているという、当時としてはズバ抜けた設備が整えられていた。また1m×2mの大型窓からの眺望は展望車に勝るとも劣らないものであった。

昭和39年の東海道新幹線開業まで東海道の看板列車として活躍したが、東海道新幹線開業以後は山陽本線に活躍の場を移す。その際、セノハチ越えのために同区間の前後で補機の連結が行われたが、2年後にはモーターの出力をアップさせる改造が施され形式を151系から181系に改めた。

山陽でも活躍が期待されたパーラーカーだが、特別料金※2の値下げにもかかわらず、東海道の時より利用状況は芳しくない。また、特急が大衆化する時代を迎えるにつれて二等車に対する需要が高まった。そこで、個室だけを残し、開放室は二等車化され、クロ151の形式はクロハ181となった。

その後の高度経済成長の結果、特急の大衆化はよりいっそう進み、昭和48年にクロハ181は全て普通席に改造され、形式もクハ181へと変更され、パーラーカーの流れは途絶えることとなってしまった。しかし、近年になり253系や787系などにパーラーカーと同様の設備が導入され、一時的に復活を見るが、これまた時代の流れにより普通車化が進行しているのは皮肉としかいいようがない。

※1…当時の二等車は今のグリーン車にあたる。特別二等に乗車するにはさらに別料金が必要だった。
※2…昭和35年7月の運賃改訂により、従来の3等級制が2等級制に改められた。これにより、旧1等は廃止、旧2等は1等に、旧3等は2等に変更された。新たな2等車は現在の普通車にあたる。クロ151も1等車に変更されたが、別料金を課す制度は存続された。

クロ151(クロハ181)の側窓は2m×1mで鉄道車両史上、最大級のサイズ。VIPの利用も考慮して防弾ガラスを装備した車両もあった。
初期の新性能電車なのでキノコ型クーラーを設置、また直流電車なのでデッキはステップ無しとなっている。
ボンネットのヒゲなしは直流の証である。
※商品詳細はデジQトレイン公式サイトをご覧下さい。