トップ車両紹介
車両紹介
新幹線0系(JR西日本ニューカラーリング)
※この車両は改造講座で制作したモデルです。商品化はされていませんので、ご注意ください。
原型色とはまた異なる魅力を見せるフレッシュグリーン帯をまとった0系。

山陽新幹線でいまだに活躍を続けている古豪0系。ご存知のとおり、現在では短編成化され、「こだま」のみでの運用となっている。近年、500系や700系ひかりレールスターと同一のデザインコンセプトで塗装変更が施された車両が登場した。それが今回ご紹介する「フレッシュグリーン」帯をまとった0系である。

この塗装への変更は、当初は0系から開始されたが、現在では、同車と同様に山陽新幹線で「こだま」として活躍する100系にも拡大されている。山陽新幹線を管轄するJR西日本は新型車両のデザインを旧来車両へも水平展開すること、すなわち従来から活躍する車両に新型車両なみの改装を実施することに熱心で、0系、100系もその例外ではなく、改造が施されたというわけだ。登場時は若干の違和感を抱く向きも少なくなかったものの、しばらくすると“慣れ”が出てきて、むしろ爽やかな印象をも与え始めた。

鉄道においては、塗装にアイデンティティを求める傾向が強い。山陽新幹線での塗装変更の進展は、東海道新幹線と山陽新幹線の(ダイヤ政策における)“カラー”の違いが国鉄民営化後15年以上を経てより顕在化してきたことを意味しているように感じられる。実際、現在の山陽新幹線の主役は高アメニティ性と高速性を両立する700系ひかりレールスターと、営業運転で300km/hを実現した500系に移行している。700系と300系を中心とした大量輸送に主眼が置かれている東海道新幹線とは大きく性質を異にする。

話を元に戻そう。新塗装化の対象となっている0系は主に元「ウエストひかり」用のWR編成である。「ウエストひかり」は12両編成も存在したが、塗装変更の際に組み替えが実施され、現在は全て6両編成となっている。塗装変更とともに100系以降の車両では標準装備となっている車内テロップの設置も進められており、車内サービスが向上している。一方でカウンター式ではないテーブル式のビュッフェ車が非営業ながらも組み込まれたままの編成も一部あり、「ウエストひかり」時代の名残を今も伝えている。

名残と言えば、車内のシート配置も「ウエストひかり」編成当時の2&2シートそのままで、ゆったりと山陽路を旅することができる。鉄道においても、新しいものを取り入れたうえいいところを残すというのが、古いものを後代に伝えるための秘訣なのかもしれない。なお、新塗装化されている0系のほとんどが比較的新しい2000番代※車両をベースに改造されているため、N700系が普及してくるまで、当分の間は活躍が見込めそうだ(ただし、原型色の0系は2005年2月末をもって定期運用から離脱、廃車予定となっている)。

※1981年から86年まで製造された。「ウエストひかり」に充当するため、JR西日本所属の2000番代の一部にアコモデーション改造が施され、7000番代に改番された。外観上も、窓下に白帯が追加されるなどしたため、判別は容易であった。新塗装化された際は改番までは行われなかったため、新塗装の車両は全て7000番代。
グレーベースの新塗装は、0系の楽しみ方の幅を広げてくれた。
まるで、新型車両のような印象の中間車。
0系同様、100系もニューカラーに改められつつある。
トレイン写真館2005年2月も併せて参照されたい。