トップ車両紹介
車両紹介
新幹線700系(AMBITIOUS JAPAN!)
登場時は鮮烈であった「AMBITIOUS JAPAN!」ロゴの700系も、現在ではすっかり馴染んできた感がある。

平成15年10月1日のダイヤ改正はJR東海にとって画期となったといって良いだろう。この改正で東海道新幹線のダイヤは「のぞみ」中心のダイヤに改組され、最大で毎時「のぞみ」7本、「ひかり」2本、「こだま」3本の運転パターンとなった。それに伴い、従来指定席のみであった「のぞみ」に自由席が設けられたのも記憶に新しい。

また、同時に営業を開始した東海道新幹線品川駅は、JR東海にとって新世紀の企業戦略拠点である。近年、東京−大阪間の輸送シェアを伸長させている航空機への対抗策として、また西東京・京浜地域や総武線快速・横須賀線経由による房総方面からの乗客の利便性アップに大きな貢献を果たしている。将来的には、品川駅始発の列車も設定可能という。

この新幹線品川駅開業とダイヤ改正を大々的にアピールするため、先頭車の車体に「AMBITIOUS JAPAN!」と大胆に標記された700系がトレインコレクション化され、『鉄道おもちゃ』という雑誌の第9号の特別付録となって登場した!※1

これまで新幹線の車体には、昭和45年の「大阪万博」と平成2年の「大阪花博」の開催の折、それをPRするために小さなステッカーを車体に貼ったことはあるが、今回の「AMBITIOUS JAPAN!」のように、ここまで大きく車体に装飾を施したのは新幹線の歴史上初めてのことである。JR東海の本プロジェクトへの並々ならない意気込みが伝わってくる。

なお、こういった類のキャンペーンは1年程度で終了することが一般的には多く、この「AMBITIOUS JAPAN!」も同様であると思われていた向きも多いと推察されるが、2005年2月現在でも継続されている。ちなみに、700系には先頭車の「AMBITIOUS JAPAN!」標記以外に円形のステッカーも貼られているが、300系は円形ステッカーのみとなっている。加えてこのキャンペーンはJR東海によるものなので、JR西日本所属車両※2には標記はされていない。

側面の大きなロゴが美しく再現されている。
円形ステッカーも細かく再現。このステッカーが貼られているのは、新大阪方先頭車だ。
こちらは円形ステッカーがない東京方先頭車。
東京方先頭車の妻面には、『鉄道おもちゃ』のロゴが入っている。
※1・・・付録の内容は、東京方先頭車1両、新大阪方先頭車1両の計2両の車両と、ディスプレイ用のストレートレール132mm(グレー)1本です。
※2・・・JR西日本所属車両の特徴については、デジQトレイン700系B編成トレインコレクション300系の回を参照。
※『鉄道おもちゃ』第9号は、(株)ネコ・パブリッシングより2004年12月に発売されています。売り切れの際はご容赦ください。なお、お問い合わせは同社営業部(03-5723-6013)まで。