トップレイアウト
レイアウト
クロスレール活用レイアウト
●クロスレールを使って平面交差を再現
線路が直角に平面交差するクロスレール。かつては鉄道線路と路面電車の軌道が交わる地点で多く見られた。中でも有名だったのが阪急西宮北口駅の神戸線と今津線の平面交差があった。ここは鉄道線路同士が平面交差する珍しい存在であった。しかし列車本数が増加してくるとダイヤ設定上の問題点となる他、安全上も問題となるので、現在は伊予鉄道での郊外線と市内線の平面交差などでしか見られない。
デジQトレインで、その模様を再現してみよう。運転に工夫が必要なレイアウトが出来上がるぞ!
頭端式レイアウト
用意するレール
・ カーブレールR176-45°×12本 ・ カーブレールR220-45°×4本
・ ストレートレール132mm×2本 ・ ストレートレール198mm×2本
・ ストレートレール66mm×1本 ・ ストレートレール44mm×1本
・ クロスレール×2本  

小さな楕円と大きな楕円が一つずつ出来る形となる。
友達とコントローラーを持ちよって、これらの各楕円に一編成ずつ、同時に走らせてみよう。
その上で速度調整を行ったり、駅を設けて停車を行ったりして、列車を運転してみよう。急停車やぶつからないようにして運転するのは結構難しいぞ。
それに慣れてくれば時間を決めて発車するなど、ダイヤを組んでみると面白さが一層増すぞ。
配置図

●クロスレール活用レイアウト発展
クロスレール活用レイアウトに合流レールを組み合わせて、離合できるようにしてみよう
これで列車が小さな楕円に1編成、大きな楕円に2編成走らせることが出来る。2編成同時の運転と比べて、3編成同時の運転はかなり難易度が高くなるぞ!
ダイヤを決めての運転の他にレール一個分の「閉塞区間」を設けてみるなどの工夫をすることでより一層、難易度が高まる。
レイアウト応用
用意するレール
・ カーブレールR176-45°×12本
・ カーブレールR220-45°×4本
・ ストレートレール132mm×2本
・ ストレートレール198mm×2本
・ ストレートレール66mm×1本
・ ストレートレール44mm×3本
・ クロスレール×2本
・ 合流レール左×2本
配置図