トップレイアウト
レイアウト
複線高架レール活用レイアウト
●高架駅と地上駅の様子を再現!
「複線高架レール基本セット」、「複線高架用対向式ホームセット」を活用し、高架駅と地上駅の様子を再現し、新幹線と在来線の接続を再現してみよう。

まず、地上駅を在来線ホーム、高架駅を新幹線ホームに見たて、「ひとつの駅」と設定し、高架駅に新幹線が到着するまでにうまく、在来線の列車を到着させよう。

新幹線を発車させたらすぐに在来線の列車も発車させよう。
新幹線と在来線の接続時間が、あまり空いてもいけない。

友達とコントローラーを持ちあって、早速チャレンジしてみよう!
複線高架レール活用レイアウト
このように新幹線上り下り、在来線共に列車を駅に到着させてみよう。
高架には架線柱を忘れず取り付けよう。架線柱があるとないとではリアル感が全然違うぞ。
配置図

配置図
2つのエンドレスを重ねるだけ!簡単でしょ!

用意するレール
・カーブレールR176-45°×8本
・カーブレールR264-30°×2本
・ストレートレール132mm×6本
・ストレートレール198mm×4本
・電動ポイントレールR264-30°左右各1本
・複線高架レール基本セット
  複線高架カーブレールR264/220-45°×8本
  複線高架ストレートレール198mm×8本
・ 複線高架用対向式ホームセット
・ 島式ホームセット