トップトレイン写真館
トレイン写真館
九州新幹線開業
●今月のトップページ写真----『九州新幹線開業』
いよいよ3月13日に九州新幹線が開業します。それにともない、博多−西鹿児島間を結んでいた特急「つばめ」は、博多−新八代を787系による「リレーつばめ」、新八代−鹿児島中央を800系新幹線による「つばめ」に生まれ変わることになりました。「つばめ」の愛称は由緒正しい名門中の名門と言える列車名に使われており、日本を代表する列車として君臨してきました。

給水時間を惜しんで水運車を連結し、さらには機関士の交代時間も惜しみ、走行中に交代するという離れ技を行った戦前の超特急「燕」。戦後いち早く復活、「青大将」の愛称で親しまれたライトグリーンの客車から電車に衣替えし、東海道新幹線開業まで東海道の大動脈の輸送を担った東海道本線の「つばめ」。

東海道新幹線に追われ山陽本線に活躍の場を移したものの山陽新幹線の開業により、引退を余儀なくされました。そして「つばめ」の愛称は歴史の一ページに埋もれていくのものと思われていました。しかし、突如平成4年に門司港・博多−西鹿児島間にJR九州の看板列車として復活しました。看板列車の名に恥じない個室やビュッフェなどの豪華な設備をもったガンメタリックの787系が行き交う様は印象深い光景でした。

787系は「つばめ」から引退し、「リレーつばめ」に生まれ変わりますが、「つばめにありがとう。リレーつばめにこれからもよろしく」との思いをこめ、隣に新幹線の高架線が完成した在来線を疾走する「つばめ」をイメージしてみました。

毎月トップページのイメージが変わります!トップページを見ただけで、何の写真かわかったら凄い!