トップ列車ものがたり
列車ものがたり
はと
●列車ものがたり----『はと』
デジQトレインで商品化されている車両によって運行されていた列車を振り返る「列車ものがたり」。第一回目は485系ボンネットが使用された特急列車「はと」を紹介する。

「つばめ」の栄光の影に隠れがちではあったが、鉄道史の中で伝統ある愛称として有名なのがこの「はと」である。「はと」は昭和25年に東京−大阪間を結ぶ客車特急として登場。昭和35年の客車特急の電車化によっていったんその愛称は消えるが、翌昭和36年の電車特急増発で愛称名は復活。東海道新幹線開業まで東海道本線を疾走した。

昭和39年の東海道新幹線開業により活躍の場を山陽本線に移し、151系による暫定的な九州乗り入れを経て昭和40年より481系によって、新大阪−博多間を結ぶことになった。昭和43年には583系に置換えられるが、昭和45年には481系が返り咲きを果たす。その後、昭和47年の山陽新幹線岡山開業により岡山−下関間に衣替えした後も、昭和50年の山陽新幹線博多開業まで最後の活躍をみせる。

「はと」に485系が使用されていた時期は非常に短期間であった。しかし、運転本数が増え、食堂車が連結されるなど、特急が栄華を極めていた「良き時代」を駆け抜けていったといえよう。
デジQトレインではその往時の姿を再現できるぞ。
※商品詳細はデジQトレイン公式サイトをご覧下さい。