トップ列車ものがたり
列車ものがたり
金星
●列車ものがたり----『金星』
現在でこそ長距離移動は新幹線や航空機がほぼ当り前の時代であるが、かつては、鉄道がその主役であった。その中でも寝台列車は花形中の花形で、国鉄は旺盛な需要に応えるべく、581/583系を開発・投入。昭和43年に登場した名古屋−博多間を結ぶ「金星」もそんな寝台列車の一つであった。

「金星」の愛称そのものは、東海道新幹線開業前まで東京−大阪間を結んでいた夜行急行列車の愛称で、「銀河」「彗星」「明星」「あかつき」「月光」「すばる」と共に活躍していた。それが、東海道新幹線開業にともなって山陽本線の寝台特急に「栄転」した形となった。

山陽本線では、同時期に活躍していた「つばめ」「はと」「月光」「明星」と共通運用を組んで走っていた。昭和47年からは、使用されていた編成が名古屋−富山間の「しらさぎ」にも使用されことになり、博多から名古屋、名古屋から富山、そしてその逆という、今となっては信じられない広域運用が行われていたのである。「金星」は昭和50年の山陽新幹線博多開業後も生き残っていたが、昭和57年には遂に臨時列車に格下げされ、消えていった。

彼女たちの活躍を偲びながら、幾本も行き交っていた黄金期の山陽本線寝台列車群をデジQトレインで再現してみよう。

※写真の車両は、一部撮影用に塗装しています。
※商品詳細はデジQトレイン公式サイトをご覧下さい。