トップ列車ものがたり
列車ものがたり
東海
●列車ものがたり----『東海』
「東海」は165系で運用されていた急行列車の時代の印象が強く、特急化された現在でも当時のエピソードが話題に上ることも少なくないだろう。
「東海」の名は昭和30年に登場、東京−名古屋間の客車準急としてその歴史をスタートさせる。当時の東海道本線の優等列車は東京から九州、中国、関西の各地方への輸送が中心であって、東海道沿線の旅客輸送に特化した中距離優等列車は存在しなかった。したがって「東海」の登場は生活の足を求めていた沿線住民にとって福音となったのである。

昭和32年には80系電車により電車化され、「初の電車による優等列車」の栄冠を「比叡」と共に獲得した。
昭和33年からは新性能車両である153系が投入される。その後、本数を着実に増やし、153系は「東海形」の名で親しまれることになる。さらに全車指定の「新東海」も設定され、バリエーションを増やした。

東京−浜松間の「はまな」、沼津−名古屋間の「するが」、不定期の「ながら」を含め、153系を使用する列車が東海道新幹線開業前の最盛期には計11往復を誇り、東海道の中距離輸送を支えていた。
しかしながら、東海道新幹線開業後はさすがにその本数を維持することができず、昭和40年には4往復と激減した。

昭和41年に運転区間101km以上の準急は急行に格上げされることとなり、急行「東海」となるものの、昭和43年のダイヤ改正で運転本数の半数が大垣・名古屋発着から静岡発着に変更、昭和47年には全列車が静岡発着と改められた。その後も退潮は止まらず、昭和55年にはさらに2往復に削減された。
そのころ、153系の老朽化が進んでいたため165系への置き換えが実施される。それは、山男が平地に下りて来た按配であった。

急行列車が次々と特急化または廃止される中、その後暫く「東海」は孤高を守り、固定クロスシートによる急行列車という前時代的な魅力を大都会東京に振りまいていた。しかし、平成8年、とうとう特急に格上げされ、373系化が成される。
昭和のノスタルジーは消え去ったものの、優等列車を補完して東京と静岡圏を結ぶ「東海」の使命は、今も昔も変わらない・・・。
※商品詳細はデジQトレイン公式サイトをご覧下さい。