トップ列車ものがたり
列車ものがたり
北海
●列車ものがたり----『北海』
今日では、札幌都市圏の近郊輸送やローカル輸送を担っている函館本線の長万部−札幌間(小樽経由)。通称「山線」と呼ばれるこの区間に唯一君臨していた特急列車が「北海」である。

昭和42年に混雑する特急「おおぞら」(函館−釧路間を運行、室蘭本線経由)や「北斗」(函館−旭川・札幌間を運行、室蘭本線経由)を補完するために、キハ82系を使用して、函館−旭川間に登場した。運行ダイヤは「おおぞら」と続行運転する形で組まれたが、室蘭本線経由列車とのバランスや新たに列車を設定するからには需要の取りこぼしの無きようにということも考慮され、あえて「おおぞら」とは異なる山線を経由することとなった。

「おおぞら」「北斗」の補完列車としての期待に応え、人気を博した。しかしながら、国内航空が発達し始めると本州−北海道間の移動手段の主役は、時間的に圧倒的に優位に立つ航空機に移っていった。それにつれて遠距離鉄道輸送は衰退し、「北海」も昭和56年には函館−札幌間に短縮される。しかし同時に鉄道輸送に対する需要が根強いこの区間に力を入れる意味で1往復増やされ、2往復となる。なお、増発された1往復には新鋭のキハ183系が充当された。

増発されたのも束の間、わずか5年後の昭和61年には山線の優等列車廃止の方針が打ち出され、函館−札幌間の特急列車は千歳線・室蘭本線経由に統一されることになる。これにより「北海」は「北斗」に吸収され、あっけなく消滅してしまった。背景には、旅客の航空輸送へのシフトがさらに進み、列車の運行本数が維持できなくなったため、線形の悪さがら所要時間がかかる山線経由の列車が狙い打ちされたものと考えられる。

「北海」は最後まで補完的な存在ではあったが、その控えめな存在の中にも「縁の下の力持ち」として光るものがあった・・・。
※商品詳細はデジQトレイン公式サイトをご覧下さい。