トップ列車ものがたり
列車ものがたり
あさかぜ
●列車ものがたり----『あさかぜ』
昭和31年に東京−博多間を結ぶ特急列車として登場した「あさかぜ」は京阪神地区を深夜に通過するという画期的な列車であった。戦前の「富士」「桜」は東海道区間の運行時間帯が昼ならば、山陽区間は夜といった具合にダイヤが組まれていた。そういったダイヤ編成の列車が「常識」だったのだが、この「あさかぜ」は東京を夕刻に出発し、朝には博多に到着するという対九州に特化したダイヤを組んだのである。

昭和33年には20系客車が導入される。20系客車登場以前の客車は一両ごとの「車両」単位で運用できるように、電灯用発電機から蓄電池、はては冷房装置と冷房用発電機まで積込んでいる車両もあった。一方、20系客車は車両単位で電気を供給するのではなく、電源車を組み込んで編成単位で電源供給を行うシステムを採用した。そのため、運用も編成単位で行うという画期的な車両となった。電車におけるユニット方式採用と並び、日本鉄道車両史の一大転換点となった。


最盛期には3往復を誇るようになっていた「あさかぜ」。特に博多まで運行する1往復は編成の半数近くが一等寝台車(現A寝台車)で組成されており、「九州特急(「ブルートレイン」の愛称が定着する以前はこう呼ばれていた)」の中でも群を抜いて豪華な編成であり、「走るホテル」という通り名を与えられるほどであった。しかしながら、山陽新幹線博多開業が、他の名物列車と同様に「あさかぜ」にも退潮を来たすことになる。新幹線博多開業とともに博多行き「あさかぜ」1本が廃止となり、3往復から2往復に減少。次に、老朽化が目立っていた20系の24系25形への置換えが行われるが、B寝台主体のあじけない編成となってしまう。

昭和54年にはブルトレブームを起因としてテールマークが絵入りとなり、昭和62年には旅客ニーズの多様化、高度化に応えるため、あさかぜ1・4号には2人用B寝台個室、シャワールーム、オリエント調食堂車が組み込まれた。外見上も銀帯2本から金帯3本になり、九州行きブルートレインの看板列車にふさわしいゴージャズな編成となった。しかし、時の長距離移動手段の主役は航空機、新幹線へと既に移行しており、平成5年に食堂車の営業が休止された後、平成6年にはデビュー時から続いていた博多行「あさかぜ」が廃止となり、下関行の「あさかぜ」が残存することとなった。

近年、ことに凋落著しい南行きブルトレであるが、ダイヤ見直し、運行本数の集約化、あるいは新型車の導入など時代の趨勢に合わせた「画期的」といわれるような改正が必要なのかもしれない。そう、昭和31年に「あさかぜ」が登場したときのような・・・。
※写真の車両は、一部撮影用に塗装しています。
※商品詳細はデジQトレイン公式サイトをご覧下さい。