トップ列車ものがたり
列車ものがたり
まつかぜ

●列車ものがたり----『まつかぜ』
今も情緒あふれる風景が残る山陰本線を、かつてほぼ全区間直通運転する空前絶後の列車があった。それが「まつかぜ」である。それまで、特急列車は東海道本線、山陽本線、東北本線などの第一級の「幹線」のみに設定されていたが、昭和36年、いわゆる「さんろくとお」の白紙ダイヤ改正によって全国各地の幹線、亜幹線に特急が設定されることとなった。「まつかぜ」もその一員として京都―松江間に誕生した列車である。当初は、京都から直接山陰本線に入るのではなく、いったん大阪へ回り、福知山線を経由して山陰本線に入り松江に至るという当時としては変則的なルートが設定された。これは、大阪の利用客の利便を考慮した施策であると聞く。

昭和39年には博多まで延伸される。当時でも「まつかぜ」を全区間乗り通す乗客は少数派で、関西−九州間の移動に関しては山陽本線の特急、急行の利用がその中心であった。ではなぜ、わざわざこれだけの長大区間を走る列車を設定したのだろうか?実は当時のダイヤでは、いろいろなニーズへの対応を一本の長距離列車にまとめて担わせるという手法が多用されていたことが大きな理由となっている。すなわち、「まつかぜ」であれば、関西−山陰間、山陰各都市間、山陰‐九州間などの各移動需要を満たす目的を併せ持っていたということである。昭和40年からは新大阪−浜田間に妹分の「やくも(のちに「まつかぜ」に改称)」が新設され、2往復体制となる。キハ82系が12両編成で日本海沿岸を疾走する様には、思わず見入ってしまう美しさがあった。昭和47年から京都発着を新大阪発着に改め、播但線経由の「はまかぜ」、京都から直接山陰本線に入る「あさしお」などを従えつつ活躍していた。

国鉄末期になると、需要の多い区間と少ない区間の格差が広がり、「いろいろなニーズへの対応を一本の長距離列車に担わせる」と列車運用上非効率となった。そこで昭和60年に運転区間が分断され、「まつかぜ」は大阪−米子間を担当し、米子−博多間は「いそかぜ」が担当することになった。また、使用車両もキハ82系から馬力の強いキハ181系に変更となった。同時に、運転区間の短縮による必要性の低下から食堂車の連結は取り止められることとなった。

昭和61年には山陰本線が城崎まで電化されたことで、「まつかぜ」は廃止され、183系800番代を使用する「北近畿」として生まれ変わることとなった。このまま過去帳入りするかと思われた「まつかぜ」の愛称だったが再登板の機会が巡って来る。昨年(2003年)、鳥取−益田間を運行していた「スーパーくにびき」が「スーパーまつかぜ」に改称され、復活したのである。「スーパーまつかぜ」の愛称が初代「まつかぜ」以上に、末永く活躍するのを期待したい。

※商品詳細はデジQトレイン公式サイトをご覧下さい。