トップ列車ものがたり
列車ものがたり
比叡

●列車ものがたり----『比叡』
「比叡」はもともと、客車準急として名古屋〜大阪間で活躍していたが、昭和32年、新製されたばかりの80系300番代全金車に置き換えられた。それまで、電車に対する評価は「モーター音がうるさい」、「振動が大きい」といったものであったため、中長距離輸送は機関車の牽引する客車列車が担うのが常識とされていた。しかしながら、80系が「比叡」や「東海」に投入されたことで、その常識も大きく変わる。

当時の東海道路の主役ともいえる客車特急「つばめ」「はと」並に疾走するこの準急は人気を集め、たちまち5往復を数えるまでに成長したのだった。その後、昭和34年には153系が投入される。153系は外観こそ80系と同じ「湘南色」を採用していたが、101系に導入された新技術の採用、総クロスシート化、お手洗いと扇風機の全車設置など、車両のグレードは格段に上がっていた。投入されたのは準急列車であったが、開発当初から急行への投入を見越して製作されたものと考えられる。事実、153系の基本仕様は、その後の国鉄標準急行形車両である165系へと受け継がれていく。これだけの車両を投入したのだから、国鉄としても力を入れていた列車であることが推察される。

さらに、全車指定の「伊吹」も仲間に加わり、質量ともに大きく充実する。昭和36年には、東京−大阪間の急行「いこま」の間合い運用ではあるものの、ビュフェ付の153系急行編成が「伊吹」に使用を開始されるなど、今では想像もつかない豪華な列車が名阪間を駆け抜けていたのである。しかし、新幹線の開業で「比叡」「伊吹」を取り巻く状況は一変する。最盛期には10往復を数えた一大勢力だったが、新幹線開業とともに「伊吹」が消え去り、残る「比叡」も年を追うごとに削減され、昭和47年に2往復、昭和55年にはとうとう1往復にまで減少してしまう。徐々に「衰えていく」さまは、隆盛する新幹線や近鉄特急と比されて、余計にもの悲しいものがあった。それでも新幹線の恩恵を受けづらい大津や岐阜などの中間駅の利用者には重宝され、細々と活躍を続けていたが、昭和59年にとうとう廃止されてしまった。

米原での大垣方面の普通列車と新快速列車を乗り継ぐ乗客の流れ、あるいは大阪・京都と岐阜を結ぶ高速バスの繁盛を見ていると、「比叡」に類する列車の設定があっても悪くはないのではないかと思えてくる。廃止されるにはつくづく惜しい列車であった。

※商品詳細はデジQトレイン公式サイトをご覧下さい。