トップ列車ものがたり
列車ものがたり
ひかり

●列車ものがたり----『ひかり』
「ひかり」。その愛称は東海道新幹線の開業以来、全ての新幹線の代名詞として鉄道ファンだけでなく全国民に親しまれてきた。「のぞみ」に主役の座を譲った今でも、その知名度はピカイチといえる。

「ひかり」の愛称には、戦前の大陸にまでさかのぼる永く深い歴史がある。当初、朝鮮半島内を走っていた急行列車が、満州方面まで運行区間が延長された際に名付けられたのがそもそもの始まりである。その後、さらに2度運行区間が延長されたが、戦争の激化により運行停止に追い込まれ、自然消滅する形となった。

戦後はしばらく浪人生活が続いたが、昭和33年の春に博多−熊本間を結ぶ臨時ディーゼル急行として復活する。さて、九州の地で復活した「ひかり」はどのような列車であったのか。博多と熊本を結んでいるとだけ書いてしまうと、取り立てて変わった列車とは思えないが、実は運行経路がミソ。博多−熊本間は最短距離である鹿児島本線を行くのではなく、博多から小倉に向かった後、日豊本線を経由して大分に至り、今度は豊肥本線から熊本に至るという九州北半分をぐるりと巡るという実に壮大な列車であったのだ。

昭和33年の夏には定期の準急列車に編みなおされる。続けて、博多・門司港から都城(のちに西鹿児島まで延長)に至る車両も併結し、南方まで足を延ばす列車となった。もちろん、博多−熊本間を「ひかり」で乗り通す乗客はおらず、実態は北九州と東九州を、東九州と西九州を結ぶ「多目的列車」であったのである。当時はこのような複雑なルートで行く長距離列車が多く設定され、併結運転という手法と併せて、限りある運行本数で乗客のニーズに応える工夫がなされていた。

昭和37年の秋には急行に格上げされ、充当車両も誕生当初から使用していたキハ55系からキハ58系に順当に交代する。ところが、わずか2年後の昭和39年、東海道新幹線開業の際に実施された列車名の公募で、「ひかり」の愛称は新幹線に召し上げられることが決まる。九州を代表する列車から日本を代表する列車名へと転身した「ひかり」は、この後永く君臨することになる。当初の「ひかり」は東京・名古屋・京都・新大阪にしか停車しない「超特急」として設定されており、料金にも「こだま」とは格差が付けられていた。

しかしながら、山陽新幹線岡山暫定開業以降は停車駅や運行区間が多様化し、単に「ひかり」といっても列車ごとにその性格は千差万別となった(料金格差も廃止)。国鉄末期には、停車駅を増やしたいわゆる「ひだま」が増加。JR化後はその傾向がより顕著となる。特に山陽新幹線は多彩で、「ウエストひかり」やその後継にあたる「ひかりレールスター」のように山陽区間の主役として活躍する列車もあれば、豪華編成「グランドひかり」、単編成化された「シャトルひかり」などが登場した。

一方、東海道新幹線では、2003年秋の大規模なダイヤ改正で「ひかり」は「のぞみ」を補完するという役割性が強くなり「ひだま」傾向に拍車がかかっている。「こだま」よりも少数派となってしまったことには一抹の寂寥感は漂うものの、その名前を消し去ることは誰にもできないと感じさせる厳然とした存在感は圧巻である。

※商品詳細はデジQトレイン公式サイトをご覧下さい。